プラスチック成形加工学会
ホーム > プラスチック成形加工学会について

一般社団法人プラスチック成形加工学会について

 プラスチック成形加工学会は、1988年12月に創立、1994年10月に社団法人化し、2012年4月に一般社団法人に移行した学会で、現在、個人会員1500名、法人会員170社を擁しています。プラスチック成形加工学会は、プラスチック材料・成形条件・ベストな製品に至る全工程にわたって科学と技術のメスを入れ、プラスチックの新しい可能性を切り開こうとしています。大学の先生も成形のエンジニアも、誰もが同じテーブルについて、情報を交換し明日を語り合います。プラスチック成形加工学会は、以下のような活動を通して上記の目的の達成に努めています。

学会誌「成形加工」の発行

・毎月一回発行
・論文、レター、特集、解説、講座、研究機関紹介などから構成

研究発表会の開催

・年次大会:5-6月頃に東京で開催
・秋季大会(成形加工シンポジア):10-11月頃に各地持ち回りで開催

各種行事

・講習会
・技術交流会
・成形加工テキストシリーズ講座
・集中セミナー/公開セミナー
・AWPP(Asian Workshop on Polymer Processing)(開催/運営に協力する団体として活動)

表彰

・論文賞
・「青木 固」技術賞
・技術進歩賞

専門委員会

・特定の分野を掘り下げる研究専門委員会

学会役員

第15期(平成28・29年度) 第14期(平成26・27年度) 第13期(平成24・25年度)
第12期(平成22・23年度) 第11期(平成20・21年度) 第10期(平成18・19年度)
第9期(平成16・17年度) 第8期(平成14・15年度) 第7期(平成12・13年度)

各種委員会の紹介

編集委員会 論文編集委員会 企画委員会

本学会に関する資料

定 款 第22回(平成28年度)通常総会議事録 平成27年度事業報告 平成27年度収支会計報告

学会ロゴマーク等のダウンロード

ダウンロードページへ(注意事項をお守り下さい)


学会事務局

事務局所在地