プラスチック成形加工学会
ホーム > 創立30周年記念事業について

創立30周年記念事業 「30周年 成形加工は新たなステージへ」

学会員 各位

 プラスチック成形加工学会は、2018年に創立30周年を迎えます。そこで、2018年6月20日~22日の日程で開催する年次大会を創立30周年記念大会と位置づけ、「30周年 成形加工は新たなステージへ」というスローガンを掲げ、理事会/年次大会実行委員会/記念事業実施委員会が連携をとりながら準備を進めております。2016年、2017年の年次大会は参加者数が1,000名を超えており、30周年記念大会にはさらに多くの参加者をお迎えすることになるでしょう。大会では創立30周年という節目を多くの仲間と祝い、今後の学会活動を語り合っていただける場を設けます。また、30周年を起点として、これからの学会活動を支えていく人材を奨励し、さらなる活性化を図るための方策も検討してまいります。会員の皆様のご理解とご協力を賜れますようよろしくお願い申し上げます。

創立30周年記念事業実施委員長 横井 秀俊

30周年記念特別講演会

最前線の話題と未来への展望を聴講することで、成形加工のこれからを展望を探るまたとない機会に!
(講師情報は近日公開予定)

30周年記念交流会

本学会の様々な会員(大学、研究所、企業)が集い、この10年間の技術進展をポスター形式で情報交換し、これからの10年を一緒に語り合う場を提供します。

30周年記念式典および表彰

(詳細内容は後日お知らせします)

30周年記念特集号の発行

2018年7月号(6/20発行予定)は、30周年記念特集号として多くの魅力あるコンテンツをお送りする予定です。

若手を奨励するシステムの構築

学会創立30周年を起点として、今後の学会活動を支えていく若手をエンカレッジするシステムを構築する予定です。