プラスチック成形加工学会
ホーム > 求人情報など

求人情報など

 このページは会員からの求人情報などをそのまま掲載しています。本学会は、掲載情報を利用された結果については一切責任を負いません。また、掲載情報の内容に関する質問も受け付けません。お問い合わせ、応募連絡は、直接、求人/公募機関・企業にお願いいたします。以上の点をご了解の上ご利用下さい。

 このページへ求人情報などを掲載されたい方(原則として本学会会員に限ります)は、掲載内容を学会事務局宛、電子メールでご連絡下さい。担当理事の審査の後、掲載いたします。なお、内容が不適切と判断された場合は、掲載途中でも削除する場合があります。あらかじめご了解下さい。

産総研研究職員の公募

【公募URL】https://www.aist.go.jp/aist_j/humanres/02kenkyu/task/5_delma.html#manu1(公募番号:MANU-1)

 産総研 エレクトロニクス・製造領域では、IT機器の大幅な省エネ化と高性能化の両立を可能とする世界トップ性能のデバイスの開発と、省エネ、省資源、低コストな産業活動の実現を可能とする革新的な製造技術の開発を目指します。さらに、先端エレクトロニクスを基礎としたセンシング技術と革新的製造技術を結びつけることによって超高効率な生産システムを構築し、わが国の産業競争力強化に貢献します。

1.公募番号MANU-1
2.公募課題名スマート製造に対応した加工システムの高度化に関する研究
3.採用年月日2022年4月1日
4.配属予定ユニット(勤務地)製造技術研究部門(つくばセンター)
5.関連情報https://unit.aist.go.jp/am-ri/
6.問い合わせ先E-mail:rp-eleman-ml*aist.go.jp (*を@に変換してください)
Tel: 029-862-6592
7.募集人員2名
8.公募締め切り2021年5月11日(火) 12:00※正午(JST)
9.関連する技術分野工学 総合理工 化学 情報学

本公募は、審査を踏まえてテニュアトラック型(原則5年任期)またはパーマネント型のいずれを適用するかを決定いたします。テニュアトラック型の任期については、候補者の経歴や業績等を考慮した上で、任期の短縮(たとえば3年間)を提示することがあります。テニュアトラック型で採用された場合、任期終了の概ね1年半前に、任期終了後に引き続き任期の定めのない定年制の研究員となるための審査(以下「パーマネント化審査」という。)を受けることが可能です(テニュアトラック制)。