プラスチック成形加工学会

バイオマスフィラーを用いた環境調和型材料の最新動向

開催日:2016年1月26日(火)

 持続可能な資源循環型社会を実現するために、石油に依存しないバイオマス材料に注目が集まっています。そのため、プラスチック成形加工学会では、定期的にバイオプラスチックに関する講演会を企画してきました。ポリ乳酸に代表される例も増えていますが、それとは別にバイオマスフィラーを用いた複合材料の開発も近年大きく進展しています。
 本講演会では,これまでのバイオプラスチック関連講演会とは異なる視点からバイオマス利用を捉え、バイオ余すフィラーの最新動向に関する総論に続き、ナノセルロース繊維の製造技術やポリオレフィンとの複合材料の開発、木質型コンポジットの材料の信頼性など、様々なバイオマスフィラーの環境調和材料への適用例や技術開発に関するご後援をいただき、バイオマス材料の普及に向けて情報交換、意見交換の場としたいと考えております。多くの方のご参加をお待ちしております。

企画担当委員 南川慶二(徳島大学)、榎本和城(名城大学)、牧瀬理恵(トクラス)、山田昌宏(大阪ガス)

場 所:兵庫県民会館303会議室

神戸市中央区下山手通4-16-3
TEL:(078)321-2131
地下鉄山手線県庁前駅(新神戸駅から2駅4分、三宮駅から1駅2分)下車すぐ
新神戸駅・三宮駅からタクシー5~10分)

プログラム(表中の括弧内の時刻は質疑応答・名刺交換の時間です)

時 刻 内 容 講 師
10:30-11:20
(11:20-11:30)
木質からのリグノセルロースナノファイバー製造および樹脂複合化技術
 キーワード:木質、リグノセルロースナノファイバー、ナノセルロース、複合材料
産総研中国センター
 遠藤貴士
11:30-12:20
(12:20-12:30)
セルロースナノファイバー(CNF)の実用化開発
 キーワード:製造技術、添加剤、シート化、ナノ複合材料、補強材
日本製紙(株)
 河崎雅行
12:30-13:20 昼 休 み  
13:20-14:10
(14:10-14:20)
パルプの用いたナノセルロースの開発
 キーワード:セルロースナノファイバー、補強フィラー、竹素材、両親媒性
中越パルプ工業(株)
 田中裕之
14:20-15:10
(15:10-15:20)
ウッドプラスチックの可能性と展望
 キーワード:バイオマス利用、分散、相容化
トクラス(株)
 伊藤 弘和
15:20-15:30 休  憩  
15:30-16:20
(16:20-16:30)
間伐材をフィラーとした射出材料の開発と自動車部品への適用
 キーワード:自動車部品、間伐材、バイオマスフィラー、複合材料、射出材料
トヨタ車体(株)
 西村拓也
16:30-17:20
(17:20-17:30)
強化用セルロース系天然繊維の力学的役割と強度信頼性
キーワード:天然繊維、セルロース、グリーンコンポジット、力学評価、強度信頼性
山口大学
 合田公一

主 催:プラスチック成形加工学会

協 賛(予定):

化学工学会,型技術協会,強化プラスチック協会,高分子学会,自動車技術会,精密工学会,繊維学会,全日本プラスチック製品工業連合会,日本機械学会,日本合成樹脂技術協会,日本ゴム協会,日本材料学会,日本接着学会,日本繊維機械学会,日本塑性加工学会,日本複合材料学会,日本プラスチック機械工業会,日本レオロジー学会,マテリアルライフ学会,SPE日本支部

定 員:90名(先着順,定員に達し次第締切)

参加費(税込み)

正会員・賛助会員/法人会員 15,000円 学生会員 1,000円 協賛学協会員 25,000円
非会員 30,000円 学生非会員 3,000円 --- ---

申込み・お問い合わせ

 学会誌「成形加工」に綴じ込みの参加申込書をコピーするか,以下の「参加申込書」をダウンロードの上,必要事項を記入し,下記の学会事務局までFAXまたは郵送にてお申し込み下さい.なお,参加費は銀行振込,郵便為替もしくは現金書留でご送金下さい(ご希望の方には請求書をお送りいたします).なお、PDFファイルを開くにはAdobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。

学会事務局

〒141-0032 東京都品川区大崎5-8-5 グリーンプラザ五反田第2-205号室
 一般社団法人プラスチック成形加工学会 事務局

TEL: 03-5436-3822, FAX: 03-3779-9698
郵便振替口座番号:00130-7-402104
銀行振込:みずほ銀行銀座中央支店(125)普通預金1952925
 名義)一般社団法人プラスチック成形加工学会