特別セッション


Ⅰ.ナノカーボン材料の”真”の実用化に向けて
<阿多誠介(産業技術総合研究所), 小笠原俊夫(東京農工大学), 山口政之(北陸先端科学技術大学院大学)>

 ナノカーボン材料は優れた特性をもつフィラーであり,これをプラスチックに複合化することにより,これまで達成できなかった特長ある複合材料を創製できることが期待されています.その実用化の鍵を握るのは成形技術であり,またそれに付随する評価技術です.本セッションでは,ナノカーボン材料の成形加工,評価,アプリケーションに関する発表を広く募集します.ナノカーボン材料の真の実用化に向けて,業種・分野を越えて活発な議論の出来る場になることを期待しています.多くの皆様の参加をお待ちしております.

Ⅱ.先進・繊維強化複合材料
<小林正俊(本田技術研究所), 影山裕史(金沢工業大学)>

 繊維強化複合材料は,強化繊維と樹脂との相互作用により,非常に優れた材料物性を示します.これに加え,製品(部材)の成形時に強化繊維の配置を適切に設計することにより,製品の物性を使用状況に適正化することが可能です.また,欠点とされてきた成形サイクルや製造コストについても,成形加工技術の進歩により改善が続けられています.繊維強化複合材料は繊維/樹脂/設計/成形の要素が相互に影響する非常に複雑な材料であり,その反面,まだ伸びしろの大きい将来性のある材料です.本セッションでは,繊維や樹脂の基礎的な研究から,製品への適用事例まで,繊維強化複合材料に関する発表を広く募集します.様々な分野の研究者・技術者の発表と相互の交流を通して,繊維強化複合材料の将来の可能性を発信したいと考えています.

Ⅲ.射出成形技術の深化と相乗発展
<金藤芳典(三菱電機), 瀬戸雅宏(金沢工業大学)>

 プラスチック成形加工法の一つである射出成形は,自動車や,電気・電子機器,医療等の幅広い分野に適用されています.各分野におけるプラスチック成形品への要求はますます高まり,射出成形技術の高度化や高機能化,高付加価値化が必要となっています.本セッションは,射出成形を対象とし,成形現象の深化を図るとともに,金型や材料,解析等の各技術との組み合わせによる相乗発展について議論していただく場として企画しました.成形現象の深化や高度化を実現するための計測・解析技術,高機能化・高付加価値化を実現するための複合的成形技術や金型技術,軽量化・高強度化を実現する材料の成形技術,これら射出成形に関わる各技術の新たな取り組みや応用例等を広く募集します.射出成形技術の深化と発展に向けた有意義な議論となるように,多くの方のご講演とご参加をお待ちしております.

Ⅳ.つながる,つなげる 接着・接合のコラボレーション
<西谷要介(工学院大学), 小寺賢(MORESCO)>

 自動車や航空・宇宙分野をはじめ,軽量化と高強度・高剛性化などの相反する性能を両立するためには,樹脂やFRPなどと金属などとの異種材料を組み合せるマルチマテリアル化が急速に進んでいます.このマルチマテリアル化のキーテクノロジーとしては,異種材料の接着・接合技術があり,近年益々注目を集めています.これら接着・接合技術をより高度化するためには,化学的および物理的なアプローチを考慮することはもちろんのこと,成形加工技術とも組み合わせること,すなわち,成形加工と接着・接合のコラボレーションが重要と考えます.本セッションでは,これら接着・接合をキーワードとし,特に高分子材料と異種材料の組み合わせを中心に,成形加工ならではの視点で,深く議論する場を提供したいと考えております.

Ⅴ.中小企業と公的機関
<伊藤彰浩(京都市産業技術研究所), 栗原一真(産業技術総合研究所), 安田健(東京都立産業技術研究センター)>

 日本における全企業数の99%以上は中小企業であると言われており,その中には普段あまり表には出ない特徴的な製品や技術を有する中小企業がたくさんあります.本特別セッションでは,その各地の中小企業が近隣の公的機関とのかかわりの中で,共同開発した技術や,解決したトラブルや技術的課題,また,その企業独自の得意技術などを広く集めて,全国的にアピールし,次の展開へと結びつけられる機会となるような場を提供したいと考えております.

Ⅵ.発泡技術
<秋元英郎(秋元技術士事務所), 飛鳥一雄(日本ポリプロ), 伊藤彰浩(京都市産業技術研究所)>

 お待たせしました.「発泡技術」が特別セッションに戻ってきました! 軽量化技術と言うと炭素繊維複合材料や樹脂と金属の接合等のマルチマテリアル化が注目されていますが,近年軽量化技術として注目を浴びているもう一つの技術が発泡技術です.発泡技術は固体であるマトリックス樹脂と気泡の内部を構成する複合材料であり,マトリックス樹脂と気泡の形態をコントロールすることで特性・機能を制御することができる優れた技術です.本セッションでは,発泡用の素材,成形装置,評価技術,シミュレーション等と広い範囲に渡って議論できる場を提供します.