講演申込要領

①講演申込締切:2018年1月26日(金)

講演申込み

自動送信メールで受付番号が記載されたメールが届きます。その後、実行委員会より発表番号が 郵送にて届きますので、その番号をPDFファイル名とし、「要旨送付受付」ページより送付ください。

②予稿原稿締切:2018年3月30日(金)

  • 講演者は本学会の正会員、学生会員、賛助会員になっている事業所の方々、あるいは協賛学協会の会員に限ります。
  • 講演内容は他の学会で発表されたもの、研究・技術動向などでも結構ですが、本大会の趣旨に沿ったものをお願いいたします。なお、原稿枚数はA4版2頁です。
  • 発表形式は、通常(口頭)講演、一般ポスター講演、学生ポスター講演から成ります。通常講演と一般ポスター講演、または通常講演と学生ポスター講演の複数形式での発表を可とします(発表者は同一であること)が、ポスター講演の申込数が上限(50件)を超えた場合には、実行委員会で調整させていただきますので、申込時に通常講演・ポスター講演のうち優先する発表形式を必ず明記してください。
  • 講演予稿集原稿は電子ファイルで提出していただきます。電子ファイルの提出に関するご案内は、別途お知らせいたします。なお、大会では、予稿集冊子を参加者に配布すると共に、大会期間中は大会参加者に限定してホームページで閲覧できるようにする予定です.
  • 申込みはお早めにお願いします、申込み多数の場合、プログラムの都合上受理できない場合がございます。

■講演申込みいただく皆さまへ

発表者(登壇者)の会員資格について

講演者は本学会の正会員、学生会員、賛助会員の方々、協賛学協会の会員に限ります。ただし、実行委員会が特に認めた場合は、この限りではありません。

■講演申込データに関するご注意とお願い

講演申込みの際に、連絡先メールアドレス宛に「講演申込の内容確認メール」が送信されます。大会運営に支障をきたす恐れがあるため、申込時の講演題目/発表者・連名者氏名を守っていただけるようお願いします(実行委員会に連絡いただきデータ修正された場合を除く)。
やむを得ない事情で講演題目/発表者・連名者氏名を変更される場合は、
必ず実行委員会(annual2018@jspp.or.jp)までご相談下さい。
また、何らかの理由により「講演申込の内容確認メール」が確認できない場合にも実行委員会までご相談下さい。